月別アーカイブ: 2015年10月

人間ドックとは

先日、歳も取ってきたので人間ドックに行ってきました。会社での健康診断は毎年しているのですが、健康診断はそこまで精密な検査だったり簡単な検査しかないのでもう少し詳しく調べておこうと思っていきました。

健康診断ではなく、人間ドックとは、何か。。。

人間ドックとは、自覚症状の有無に関係なく定期的に病院・診療所に行って、身体の部位の精密検査を受けることです。人間ドックで普段気が付きにくい疾患や臓器の異常や健康度などのチェックをする健康診断の一種です。

人間ドックのデータをもとに医師の問診や診察を受けて、生活習慣病の予防や治療やそのほかの健康問題についての助言や指導を受けます。

人間ドックの専門病院や専門診療所で受けるのが普通で、検査の一部には前日の夕食時あたりから絶食や絶飲など事前の準備が必要なものや確認事項があります。結果はその日のうちに判明しないものもありますね。

オプションで追加した検査項目によっては、検査時間も掛かります。

人間ドックは半日の日帰りで終わるものから1日や2日かかるコースが一般的。

2日間の場合は通うのではなくて、病院側で宿泊の手配もしてくれます。コースの中には5日とか1週間というコースを設けている診療機関もあります。

人間ドックで異常が見つかりやすい項目と言えば肝機能障害、高コレステロール・肥満、腎・膀胱疾患、高中性脂肪などです。

脳の認知機能やホルモンバランスなど加齢に伴い衰弱する傾向にある項目を重点的に検査する人間ドックをアンチエイジング・ドック(抗加齢ドック)と呼ぶこともあるそうです。

日本では人間ドックは医療保険の対象ではありません。が、加入している健康保険組合によっては年齢などの条件を満たせば一定の補助が出るそうです。

ちなみに私はローンを組んで人間ドックを受けましたよ・・・

医療ローン

お金もあまりないので、急に大きな病気をして治療費が掛かるのもな。。と思ったのと、やはり自分の健康状態を知りたかったっていうのもありますね。。最近芸能人の方たちも癌で・・とか聞きますから。

日本における生活習慣病の検診は1953年に社団法人ライフ・エクステンションクラブが初めて行ったそうです。短期入院を伴う人間ドックはその翌年の1954年に保健同人社の発意によって行われたそう。

人間ドック誕生から3年後には全国の病院で次々に創設されています。

始めは短期入院精密身体検査と堅苦しく称されていたそうでう。

 

クーリングオフ

クーリングオフとは、一度契約を結んだ後にもう一度ゆっくりと頭を冷やしてよく考え直す期間を消費者に与えて、一定の期間内であれば消費者が業者との間で交わした契約を一方的に解除できるという制度です。

高価な商品購入やエステサロンとの契約などサービスを契約した場合普通は何の理由もなく契約を解除することはできません。しかし、業者に強引に契約をさせられたという場合、我々に不意打ち性のある販売方法から消費者機を保護するために契約から一定期間内であれば契約を解除できるという制度ができたのです。

私たち消費者は、契約から一定の期間内8日間や20日間などであればクーリングオフ制度により理由を問わず無条件にかつ一方的に申し込みの撤回や、解約の手続きを行うことができるようになっています。

注意しないといけないのは、全ての契約がクーリングオフできるわけではないです。スーパー・百貨店などに出向いて商品を購入したり、雑誌やインターネットなどの広告を見て自ら申し込んで商品を買った場合など、消費者を保護する必要がないと思われる場合にはクーリングオフができなくなっています。

また3000円未満の現金取引の場合もクーリングオフを利用することができません。あとは、クーリングオフ期間を過ぎてしまった場合ですね。

私も昔クーリングオフ制度を利用したことがあります。

友人が働いていたエステに無料体験で行った時にものすごい勧誘に合い、後から分かったのですが、ねずみ講的な感じのちょっと怪しいサロンだったのです。

勧誘がひつこすぎたのと、友人のためかな~と思ったりして契約をその日に消費者金融からお金を借りて支払いをして契約をしてしまったのです・・・

即日現金・お金がほしい時はキャッシングガイドブックで融資を受ける
帰宅してから母親や友人に聞いてみると明らかにおかしいからすぐに解約してきなさいと言われ、クーリングオフを利用しました。

クーリングオフの効果は、クーリングオフをした場合、業者は違約金や損害賠償を消費者に請求することはできません。また、受け取っている金銭があれば消費者金に還元しなければなりません。消費者機が商品を使用したりサービスを受けたことによって利益を得ている場合でも業者はその利益の還元を請求することができないです。

消費者が商品を受け取っている場合にはその還元に要する費用は業者が負担することになっていますよ。